ここでは美白美容液のおすすめランキングを発表!人気プチプラ美容液の選び方・得られる効果・口コミも併せてご紹介していきます!

はじめまして。

美容部員の「美子」です。

化粧品の専門家として、わかりやすく解説していきます。

(美容のプロが語る、美白美容液の真実とは?)

皆さんは最近、こんな肌の悩みはないでしょうか?

「最近シミ、そばかすが増えてきた」
「ファンデーションが明るく感じる」
「日焼けの跡がなかなか消えない」
「いつも使っているスキンケアに物足りなさを感じている」

こうした肌の悩みを持ちながら、諦めている人が多いのも事実です。

しかし、美白美容液ならこの悩みをすべて解決できます!

今あげた肌悩みは、美白に関するものです。

シミはもちろんですが、ファンデーションが明るく感じるのは、肌のくすみが原因です。

そして、日焼けの跡がなかなか消えないのは、肌の代謝が落ちている証拠。

いつも使っているスキンケアに物足りなさを感じるのは、やはり代謝が落ちていることが原因にあげられます。

美容液を使う順番ですが、化粧水の後に使うことが一般的です。

ただし、中には「洗顔後に使うもの」、「お手入れの最後に使うもの」もありますので、商品説明をよく読むようにしましょう。

 

目次

美白美容液とは?

とは?

そもそも、美白美容液とはどんな美容液なのでしょうか?

美白美容液は、シミやそばかすの肌悩みに効果的な美白有効成分が配合されている美容液です。

美白有効成分は、シミの素となるメラニンの生成を抑制し、出来てしまったシミの排出を促進する作用があります。

美白を考えている人は、まず出来ているシミをどうにかしたいですよね?

美白美容液は、先にお話ししたように出来てしまったシミの排出を促す作用があります。

肌内部から放出されたメラニンは、何もしないで放っておくとメラニン色素によって皮膚に色素沈着を起こします。

これが、いわゆるシミです。

つまり、美白美容液や美白化粧品を使うことによって、皮膚に色素沈着を起こさせないようにすることが、シミのケアには必要になります。

また、そもそもシミを作りたくないですよね?

美白美容液には、シミの素になるメラニンの生成を予防する成分も配合されています。

メラニンが作り出される原因は、紫外線にあります。

紫外線は、肌の奥深くにまで侵入し、多大なダメージを与えます。

そのダメージから、肌を守ろうと作り出されるのがメラニン。

そう、メラニンは本来、肌を守るために肌細胞が作り出す物質なのです。

しかし、ダメージを受けた肌は、肌を守ろうと過剰に反応する状態にあります。

結果的に、必要以上にメラニンが作り出され、シミの原因になってしまうのです。

そこで、登場するのが美白美容液や美白化粧品です。

美白美容液や美白化粧品は、肌細胞にメラニンを過剰に生成させないように働きかけます。

正常な範囲でのメラニン生成であれば、肌の生まれ変わりで排出することができます。

また、先程も触れましたが、美白美容液には排出効果も優れているので、さらに効果が倍増。

美白を考えている人にとって、美白美容液や美白化粧品は必要なことなのです。

なお、美白には紫外線の対策も必要です。

美白化粧品や美白美容液は、確かにメラニンの抑制を促す効果があります。

しかし、ダイレクトに紫外線のダメージを防ぐのは、日焼け止めが優れています。

日頃から、日焼け止めを塗る習慣をつけ、美白美容液や美白化粧品がより効きやすい肌環境を作ってあげましょう。

【美白美容液 選び方】シミ・そばかす・くすみに効果的な美容液はどう選ぶ?

選び方

美白美容液の選び方は、どのようにしたら良いのでしょうか?

また、シミやそばかす、くすみに効果的な美容液はどう選べば良いのでしょうか?

ここからは、美容液を選ぶ際のポイントを見ていくことにしましょう。

【美白美容液 選び方】目的に合った美白成分を選ぶ

美白美容液の選び方のポイントとして、目的に合った美白成分で選ぶことがあげられます。

美白成分と一口に言っても、さまざまなものがあります。

どんなものがあって、どんな効果があるのかを見てみましょう。

【美白美容液 選び方 美白成分1】ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、美白に大変効果のある美容成分で、美白化粧品などに多く含まれる成分です。

シミの予防、改善、体内のサビの防止などが効果としてあります。

また、肌の生まれ変わりを正常にし、色素沈着でもあるニキビ跡、大本となるニキビや吹き出物の改善にも効果的です。

そもそもビタミンC誘導体は、ビタミンCの効果を損なわないように人工的に改良、安定化して作られた成分です。

美白に関していうと、ビタミンCも大変有名ですが、ビタミンCには欠点がありました。

ビタミンCは、構造自体が大変壊れやすいため化粧品に配合することが難しく、肌に浸透しにくい成分でした。

しかし、ビタミンCは美白に大変有効な成分のため、何とか肌に取り入れたい!

そこで開発されたのが、ビタミンC誘導体でした。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCの欠点をカバーし浸透しやすい作りになっています。

また、化粧水などに溶けやすく、即効性のあるまた、水溶性ビタミンC誘導体、クリームなどに溶けやすい油溶性ビタミンC誘導体と両方の性質を持つため、化粧品に活用しやすくなりました。

そのため、現在ではいろいろな美白化粧品、美化首溶液に配合されていますよね。

なお、ビタミンC誘導体には、皮脂のコントロール効果もあります。

オイリー肌を始め、吹き出物が出やすい人、ニキビ肌の人にも大変効果的です。

その反面、乾燥肌の人、敏感肌の人には、乾燥しやすくなったり刺激を与える可能性があるので、注意が必要です。

【美白美容液 選び方 美白成分2】ハイドロキノン

ハイドロキノンとは、「肌の漂白剤」と言われるほど高い美白効果のある成分で、医療機関でも使われています。

効果の高さはありましたが、肌への負担を考えて日本では最近まで認められていませんでした。

しかし現在では承認され、今後、美白化粧品に優良な効果をもたらしてくれる成分として注目されています。

圧倒的な美白効果はレーザー治療並みで、シミに対して大変効果的です。

ただ、その圧倒的な美白効果はデメリットもあります。

ハイドロキノンは肌の炎症を起こしやすく、間違った使い方をすると、白斑という肌の色が白く抜けた状態になる可能性が高くなります。

安全に使用するためには、化粧品に配合されているものを使う方が安全と言えます。

ハイドロキノンを直接使う場合は、濃度を適切に使いましょう。

【美白美容液 選び方 美白成分3】L-システイン

美白成分といえば、この名を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

L-システインも、もちろん高い美白効果を持ち合わせている成分です。

L-システインの最大の特徴は、代謝を促進する働きです。

また、L-システインはアミノ酸の一種のため、肌そのものを元気にする効果もあります。

L-システインの主な働きとして、肌の代謝、いわゆるターンオーバーの正常化。

体の酸化を防ぐ、高い抗酸化作用。

そして、エネルギーを作り出すサポートをサポートする効果があります。

美白を考えている人にとって、最大の焦点は「代謝」です。

先程、美白美容液を使う必要性でもお話ししましたが、出来てしまったシミを速やかに排出することが鍵になってきます。

予防はもちろん大切ですが、必ず防げるかというと、それは約束できることではありません。

重要なのは、少ない量でも浴びた紫外線の影響を、速やかに排出することです。

L-システインは、シミの素となるメラニンの排出に大きな効果をもたらします。

ターンオーバーが正常なリズムで行われることで、色素沈着が起きず、スムーズに肌が生まれ変わります。

また、代謝が良くなると言うことは、美白だけに効果があるわけではありません。

肌の生まれ変わりのリズムが整うということは、肌荒れも予防・改善することができます。

また、抗酸化作用が強いことも、肌荒れやニキビ・吹き出物に効果的です。

【美白美容液 選び方】肌質に合ったアイテムを選ぶ

美白美容液を選ぶときは、肌質にあったアイテムを選ぶようにしましょう。

美白美容液を使ったときに、何となく突っ張る感じがしたことはないでしょうか?

実は美白美容液に限らず、美白化粧品全般に含まれる美白成分は、皮脂をコントロールする働きがあります。

そのため、油分が少なめの乾燥肌や敏感肌の人はつっぱり感を感じることも。

以上のことから、乾燥肌や敏感肌の人が美白美容液を使うときには注意が必要です。

できるだけ保湿効果の高いアイテムを使用するようにしましょう。

美白美容液は、化粧品メーカー毎に微妙に肌あたりが違うものです。

乾燥肌や敏感肌の人は、しっとりしたタイプのものを選ぶと良いでしょう。

ただ、中にはそれでも何となく乾燥を感じるという人もいるかもしれません。

その場合は、クリーム、乳液等の油分が多めのアイテムをプラスして使用することもいいですね。

基本的には、美白美容液は肌質を選ばないアイテムです。

というのも、美白美容液は肌あたりがみずみずしく、脂性肌、ニキビ肌の人にも負担なく使うことができますし、乾燥肌、敏感肌の人にもうるおいを与えるからです。

ただ、せっかく使用するなら自分の肌質にあったものを使用して、ストレスを感じることなくスキンケアを行いたいものですよね。

【美白美容液 選び方】使い続けられるものを選ぶ

美白美容液は、使い続けられるものを選ぶことが大切です。

化粧品、特に美白関係の化粧品は、継続することに意味があるからです。

皆さんは、こんな経験ありませんか?

新しく靴を買ったけど、最初は皮が固くてなかなかしっくりこない。

でも、履き慣れてきたら途端に歩きやすくなった。

化粧品も同じです。

継続して使うことで、その人の肌に浸透し美肌へと導きます。

最初は、肌も化粧品を受け入れるのに時間がかかります。

美容成分が完全に浸透し作用するのは、肌の生まれ変わる周期の概ね28日くらいです。

しかし、そこはまだ一巡しただけです。

本当に効果が発揮されるのは、二巡目、三巡目からなので、継続して使う必要があるのです。

そのことを踏まえた上で、美白美容液選びにはコスパも大事と言えます。

美白成分もしっかりと配合されていて、且つ、使い続けられるものを選ぶことが、美肌への鍵といっても過言ではないのです。

【美白美容液 選び方】まとめ

美白美容液の選び方のポイントは、今の自分の肌をしっかり把握して、使い続けられるものを選ぶということです。

値段が高いから良いというわけではありません。

もちろん、効果はあるでしょう。

選りすぐりの成分を使い、ふんだんに使っている美白美容液です、効果があって当たり前ですよね。

しかし、それも肌に合っていればこそ。

いくら効果が高くても、自分の肌に合わなければ意味がありません。

また、容量をしっかり守らないのもよくありません。

高価な物は伸びもよく、ケチって使ってしまいますが、それも効果を半減以下にしてしまいます。

美容効果を得るための容量ですので、そこはきっちり守りたいところ。

価格は安くても効果的な使い方が出来る物が、一番肌にとって良いものですし、結果的に化粧品の効果も出やすくなります。

したがって、美白美容液を選ぶ際は、自分の肌に合った、使い続けられるものを選ぶのが大事なのです。

【美白美容液】人気おすすめランキング

先程の美白美容液の選び方を踏まえて、ランキングにしてみました。

【美白美容液 人気おすすめランキング 1位】ヴィーナスホワイトニングセラム

ヴィーナスホワイトニングセラムは、30ml8,860円(税抜)です。

しかし、定期コースで購入した場合、大幅に価格が安くなり、初回1,200円(税抜)、2回目以降は3,980円(税抜)と大変リーズナブルになります。

皆さんはこんな肌悩みはないですか?

「最近肌に透明感がなくなった」
「肌荒れする日が増えた」
「将来シミが増えないか気になる」
「忙しくてゆっくりスキンケアをしている時間がない」

この悩みはヴィーナスホワイトニングセラムが解決してくれます。

ヴィーナスホワイトニングセラムは、忙しい人にも本格的なスキンケアができる、オールインワンセラムです。

美白と保湿を兼ね備えた美容液になります。

ヴィーナスホワイトニングセラムの特徴は大きく分けて3つ。

ひとつは、圧倒的な美白力です。

その秘密は、プラセンタにあります。

水溶性のプラセンタと植物性のプラセンタ、そしてアセロラパワーで美白力をサポートします。

ふたつめは、浸透する保湿成分。

トリプルヒアルロン酸と言われる、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸を配合。

さらにトリプルコラーゲ酸の水溶性コラーゲンやサクシニルアレロコラーゲン、加水分解コラーゲン、そしてオリジナルナノ化セラミドも配合されています。

保湿力とバリア機能を高めることで、シミに負けない肌の基礎を作ります。

みっつめは、ニキビとニキビ跡のケア。

炎症をケアする成分が肌荒れを改善し、グリチルリチン酸やレモングラスエキスが、出来てしまったニキビの炎症を抑え、ニキビの跡もきれいにケアすることで透明感に満ちた肌を目指します。

品質管理も徹底していて、安心の国内工場での製造です。

使用者の93%が効果を実感してという美白美容液で、シミのケアはもちろんのこと、ニキビ跡に高い評価があります。

シミも気になるけど、ニキビ跡もどうにかしたいという人におすすめです。

2位:POLA ホワイトショット SXS

POLA ホワイトショット SXSは20g12,000円(税抜)です。

肌本来の力に着目して作られた美白美容液です。

美白ケアで、こんな悩みはありませんか?

「値段は高くても良いから、とにかく効果のあるものを使いたい」
「美白美容液は使っているけど、全然効果を感じられない」
「ピンポイントで濃いシミをどうにかしたい」

そんな人には、POLAのホワイトショットSXSがおすすめです。

美容液とはいうもののクリームの形状なので、保湿力もバッチリです。

肌馴染みが良いつくりにより、肌の奥まで美白成分が届けられ、高い密着感で長時間美白成分を肌に止める効果があります。

POLAのオリジナル成分である、「m-シューター」と「クリアノール」が、美白と保湿を強力にサポートし、密着効果で奥深くまで美白成分を行き渡らせることで、今あるシミも、シミ予備軍にもアタックします。

3位:エクストラホワイトセラム

エクストラホワイトセラムは30g4,800円(税抜)で、公式サイトかAmazonで購入出来ます。

W美白成分がメラニンを抑制し、シミそばかすをケアする、化粧水・美容液・乳液・クリームの4役が入っているオールインワンタイプの美白美容液です。

パラベンや合成香料、合成着色料を使用しておらず、肌への負担も考えて作られています。

美白ケアにこんな悩みはありませんか?

「しっかりケアしているはずなのにシミが増えている」
「美白美容液は突っ張る感じがしてイヤ」
「簡単に美白ケアがしたい」

この悩みは、エクストラホワイトセラムが解決してくれます。

エクストラホワイトセラムは、隠れジミにも対応しています。

アルブチンとビタミンC誘導体のWの美白成分により、シミ対策を実感させてくれます。

紫外線によるメラニンの生成を抑制することで、シミの発生を防御。

また、こだわりのうるおい成分でエイジングケアも実現。

発酵プラセンタエキスをたっぷり配合することで、美白エイジングケアを強力にバックアップすることで、しっとりとした透明感のある肌を目指します。

4位:導入美容液『シフォニア』

導入美容液 シフォニアは60ml 7,980円(税込)です。

なお、購入価格は初回限定価格が設けられていますが、ここでは通常価格でご紹介しています。

皆さんはこんな悩みはないでしょうか?

「小じわが気になる」
「くすみが気になる」
「乾燥が気になる」

そんな悩みにはシフォニアがおすすめです。

シフォニアは、化粧水の前につける、いわゆる導入美容液と言われる美容液です。

導入美容液をつけることで、次に使う化粧品の浸透を良くしてくれる働きがあります。

シフォニアは、明確な美白成分が入っているわけではありません。

ただ、次に使う美白化粧品の浸透を良くすると言うことは、化粧品の効果をよくすることを意味しています。

また、肌が乾燥していると、肌は紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。

その根本を改善してくれるのが、シフォニアです。

シフォニアは、独自成分の「アンベルエキス」の効果により肌環境が整えられ、使い続けるうちに、うるおいとハリに満ちた肌に。

また、無添加処方にこだわって作られているため、敏感肌の人にも安心して使えますよ。

5位:薬用オールインワン美容液【シェリア プレミア エッセンス】

薬用オールインワン美容液 シェリアプレミアエッセンスは、120ml5,400円(税込)です。

1本で6役(導入液・化粧水・美容液・乳液・クリーム・パック)の働きをする、オールインワンタイプの美容液です。

「とにかく忙しくてスキンケアに時間を割けない」
「手軽に効果の出るスキンケアがしたい」
「肌に優しいものでケアしたい」

こんな要望を持っている人は、シェリアプレミアエッセンスがおすすめですよ。

シェリアプレミアエッセンスのポイントは、とにかく時短とコスパです。

1本で6役をこなすので、かなり時間が短縮できます。

忙しい朝はもちろん、小さいお子さんがいるママさんにも、気軽に本格的なスキンケアができるのでおすすめです。

普通に6役の商品を購入するとなると、かなりの金額がかかりますが、本格的なスキンケアが5,400円でできるのは、コスパもいいと言えるのではないでしょうか。

シェリアプレミアエッセンスは、主に乾燥・シミ・毛穴をケアします。

乾燥対策としては、それぞれ3種類のヒアルロン酸、コラーゲンを3分子かすることにより、3段階で肌に浸透。

ナノカプセル化したことで、肌の奥までうるおいを届けます。

シミの美白対策は、2種類の有効成分グリチルリチン酸ジカリウムとプラセンタエキス。

タイムエキスやビルベリー葉エキス等5種類の天然由来成分が美白をサポート。

紫外線による肌ダメージをリセットし、透明感のある肌に導きます。

また、5種類の植物エキスで毛穴の目立たないハリのある肌に整えてくれます。

6位:薬用美容液【ヴェルモア】

薬用美容液ヴェルモアは、30ml通常価格8,300円(税抜)です。

朝晩の洗顔後に塗る、導入美容液です。

「毛穴の開き、黒ずみが気になる」
「毛穴に角栓が詰まってニキビが出来やすい」
「他の美白化粧品を試したけど、なかなか効果が得られない」

こんな悩みはありませんか?

その悩みは、ヴェルモアが改善してくれますよ。

ヴェルモアは、肌に優しいフルーツ酸で古い角質を優しくケアし、高濃度プラセンタで毛穴の角質の美白をし、浸透性低分子コラーゲンで肌の深部から保湿します。

肌の内側からも外側からも保湿をし、凝縮した美白成分を浸透させることで肌に透明感を出します。

角質・毛穴ケアもするので、キメが整い、内側から明るい肌へと導いてくれます。

7位:美白美容液haku

美白美容液hakuは、45g、10,000円(税抜)です。

資生堂のオンラインショップなどでも購入出来ますし、ドラッグストアや大型スーパー、化粧品販売店でも市販されています。

hakuの最大の特徴は、独自成分m-トラネキサム酸と4MSK。

美白ケアで、こんな悩みはありませんか?

「美白美容液を使っているが効果を感じない」
「良い物を使いたいけど、その都度本体を買うのは経済的に負担がある」
「長年の古いシミが消えない」

この悩みは、hakuが解決してくれます。

hakuに配合されている成分、m-トラネキサム酸は、資生堂独自の美白成分です。

シミの素となるメラニンを生み出す肌細胞、メラノサイトの働きを抑える効果があります。

また、同じく資生堂独自の美白成分である4MSKが、メラニン色素の過剰な生成を抑制することで、シミが作られにくい環境を作ります。

この二つの美白成分は、組み合わせて配合されています。

その結果、4MSKは素早く浸透する成分ですが、m-トラネキサム酸はじっくりと浸透する成分です。

二つの成分の特性を活かすことで、より肌の奥深くに美白有効成分を届けることが出来るため、美白効果が出やすくなるのです。

また、3Dターゲティング処方により、従来よりもシミの素をより具体的に、ピンポイントで攻めることが出来るようになりました。

そのため、シミに対してダイレクトにアタックすることができます。

2回目からはレフィル購入で、少しだけお得に購入出来るのも魅力ですよね。

8位:美白美容液 ちふれ

美白美容液ちふれは、30mlで1,100円(税抜)。

美白成分のW処方により、シミ、そばかすを防ぎ、ぷるぷるの肌に導く薬用美白美容液です。

配合されている美白成分は、アルブチンと安定型ビタミンC誘導体。

アルブチンは、「肌の漂白剤」と言われるハイドロキノンほどの強力な美白力はないものの、天然由来成分のため安心して使うことができる美白有効成分です。

一方、安定型ビタミンC誘導体は、持続型ビタミンC誘導体とも言われ、メラニンの発生を抑制し、色素沈着を改善する効果があります。

安定型ビタミンC誘導体は、厚生労働省に認可されている美白成分の中で唯一メラニン還元作用を持つ成分です。

メラニン還元作用とは、出来てしまったシミやくすみ等の色素沈着を起こしてしまった状態の改善(色を薄くする)作用のことを言います。

価格も手に入れやすい価格で、レフィルがあるので、続けやすいのが特徴です。

美白美容液は乾燥が気になることはありませんか?
ちふれの美白美容液はその心配がありません。

保湿もしっかりしてくれるので、乾燥肌や敏感肌の人にも安心してお使い頂けます。

9位:美白美容液 無印

無印の美白美容液は、50ml、1,390円(税込)です。

敏感肌の人にも使えるようになっています。

岩手県釜石市の天然水を使い、ビタミンC誘導体を配合した美白美容液で、弱酸性、無香料、無着色。

皆さんは、美容に関してこんな悩みはないですか?

「季節の変わり目になると肌荒れをする」
「美白はしたいけど、アルコール配合のものを使うとヒリつきがある」
「日焼け、肌荒れを起こしていて肌にダメージがある」

そんな方には、無印の美白美容液がおすすめです。

無印の美白美容液は、とにかく肌に優しく作られています。

天然植物成分、グレープフルーツ種子エキスではだにうるおいを、スベリヒユエキスで肌を保護し、乾燥から肌を守ります。

また、ビタミンC誘導体も、ゆっくりじっくり肌をケアしていく美白成分です。

そのため、肌に負担を掛けることなく、美白ケアが出来るほかに、保湿ケアもできますよ。

@コスメでの評価も決して悪くはないので、敏感肌だけど美白がしたい、肌に優しく美白ケアがしたい人におすすめです。

10位:【富士フイルム】アスタリフトホワイト 美白トライアルキット

富士フイルムのアスタリフトホワイト美白トライアルキットは、1,000円(税抜)です。

先行美容液、美白化粧水、美白美容液、美白クリーム、UVクリア美容液兼化粧下地が5日間試せるセットになっています。

皆さんはこんなこと思ったことはありませんか?

「口コミで評価が高いから使ってみたいけど、揃えるのは大変そう」
「肌荒れしやすいからまずは試しに使ってみたい」
「効果はありそうだけど高くて手が出ない」

この心の声に応えてくれるのは、富士フイルムのアスタリフトホワイト美白トライアルキットです。

アスタリフトホワイトは、美白化粧品では高い評価を得ている化粧品です。

その理由は、シミの素にしっかりと美白成分を届けるメカニズムを研究して作られたから。

根付いてしまったシミにも、これから出てきてしまうシミにも効果を発揮します。

アスタリフトの美白有効成分は、アルブチンとビタミンC誘導体。

また、独自成分ナノAMAが配合されています。

ナノAMAとは、富士フイルムが独自に開発した美容成分で、エイジングケア化粧品や保湿化粧品によく使われている、ツボクサエキス(AMA)をナノ化したものです。

また、ナノAMAと一緒に配合されている米ぬか由来のフェルラ酸。

この配合成分の効果により、高い保湿力でうるおいと輝きに満ちた肌に導きます。

また、抗酸化力の非常に高い成分「アスタキサンチン」も配合されているので、ダメージに負けない肌作りにも効果的ですよ。

特徴で選ぶおすすめ美白美容液

ここからは、特徴でおすすめ美白美容液を選んでいきましょう。

消えないニキビ跡・吹き出物に効く美白美容液

ヴェルモア
ヴェルモアは、頬や鼻の毛穴の黒ずみや開き、角栓ケアに優れた効果を発揮するオールインワンタイプの美白美容液です。

ニキビ肌人は、このようなことで悩んだことはないでしょうか?

「毛穴が開き気味で、テカテカする」
「肌がボコボコしていてイヤ」
「毛穴に角栓が溜まりやすく、ニキビがすぐできる」
「あれこれ使うとニキビが増えそうで、念入りにスキンケアできない」

このようなお悩みをお持ちの人には、ヴェルモアがおすすめです。

ヴェルモアは、古い角質や角栓をフルーツ酸の力で、肌に負担を掛けずに落としてくれます。

また、きれいになった毛穴はしっかりと閉じておきたいですよね?
ヴェルモアは、話題の美容成分「アーティチョークエキス」を配合。

アーティチョークエキスが肌の深部にまで浸透し、毛穴を引き締め、ハリのある肌に導きます。

また、ニキビが出来にくい肌に整えるために、浸透性低分子コラーゲンをはじめ、10種類の選び抜かれた保湿成分を配合。

潤いをたっぷり与え閉じ込めることで、肌に抵抗力がつき、ニキビの出来にくい肌に。

さらに、水溶性プラセンタエキスが配合されているため、美白力を徹底的にサポートしてくれるので、色素沈着を起こしてしまったニキビ跡の肌にも大変効果的です。

低刺激でお肌にやさしい美白美容液

ディセンシア サエル ホワイトニングエッセンス コンセントレート
ディセンシアは、敏感肌・乾燥肌専門スキンケアブランドです。

こちらは、ディセンシアから販売されている美白美容液です。

乾燥肌や敏感肌の人は、美白美容液を使っていてつっぱり感を感じることはありませんか?
サエルホワイトニングエッセンスコンセントレートは、その悩みを解消してくれる美容液です。

優しさの秘密は、ヴァイタサイクルヴェール。

ディセンシアが開発した独自技術で、外部刺激をブロックしながら、肌のバリア機能をサポートします。

そのため、閉じ込めた水分や美容成分が蒸発することなく肌に止まるため、乾燥や刺激から肌を守ってくれるのです。

美白に関しては、メラニンを黒くさせず、作らせない処方「メラノアドバンスキャッチ処方」を採用。

また、無添加処方で作られているため、ケミカルの心配をすることなく使えるのも魅力ですよね。

肌に負担感をかけたくない人におすすめですよ。

美白もエイジングケアも叶う美白美容液「資生堂 HAKU メラノフォーカス3D」

資生堂 HAKU メラノフォーカス3D(以下、HAKU)は、シミに対して効果的な独自成分「m-トラネキサム酸」「4MSK」によって、立体的にシミを捉え、アタックすることができる美白美容液です。

また、ふたつの独自成分を組み合わせることで、肌の奥深くに美容成分を届けることができ。
強力に肌の美白力をサポートします。

さらに、HAKUは美白効果だけではなく、エイジングケアにも優れた効果を発揮します。

白蓮果HAという成分も含まれています。

肌の健やかな働きを助ける効果がありため、使い続けるうちにうるおいが満ち、肌の機能が向上します。

その結果、みずみずしくいきいきとした肌に。

3000円以下のプチプラ美白美容液「ファンケル ホワイトニングエッセンス」

ファンケルのホワイトニングエッセンスは、18mlで3,000円(税抜)で購入出来ます。

ビタミンC誘導体の他、ビタミンE誘導体が配合されています。

シミの始まりに効果的な「矢車エキス」、くすみや肌に残ったメラニンに対して効果を発揮する「白ブドウ発酵エキス」など、とてもプチプラとは思えないポテンシャルの高さで、コスパは抜群です。

また、ファンケルは無添加で有名ですよね。

防腐剤、香料などは一切使用せず、1980年に創業してからこだわり続けた製品への安全性は今も健在です。

信頼したメーカーから美白美容液を購入したい、という人におすすめしたい美白美容液です。

UV対策もできる日中用美容液「資生堂 dプログラム アレルバリアエッセンス」

資生堂 dプログラム アレルバリアエッセンスは、敏感肌用に作られているブランド、dプログラムから出されている日中用の美容液です。

美白ケアをするためにはスキンケアも大事ですが、まずは紫外線をカットすることが重要です。

紫外線は春夏秋冬、屋外、屋内関係なく降り注いでいます。

そのため、紫外線のケアとして日焼け止めはマストアイテムとなります。

アレルバリアエッセンスは、日焼け止め効果はもちろん美容液効果もあり、バリア機能を高め、ダメージに負けない肌をサポートします。

また、アレルバリアエッセンスの最大の特徴は、紫外線だけではなく花粉やちり・ほこり、黄砂やPM2.5からも肌を守ってくれます。

敏感肌の人のみならず、他の肌質の人にもおすすめしたいところですね。

化粧下地としても使えるので、普段から使いやすいのではないでしょうか。

美白美容液の効果的な使い方&注意点

美白美容液の効果的な使い方として、取り扱い説明書の順番に従って、用量を守るのが基本となります。

というのも、順番はブランドごとに違う場合があるからです。

導入タイプのものは最初に、それ以外は化粧水の後に馴染ませる様になります。

紫外線は顔全体に浴びているので、まずは全体的に馴染ませます。

その後、シミの気になる部分に集中的に馴染ませます。

また、注意点としては、美白美容液は美容効果を出すために肌に浸透しやすく作られています。

そのため、中には刺激の強い物もあり、肌が弱い人や、一時的に肌荒れを起こしてしまっている人、乾燥肌の人にはトラブルが起きやすくなってしまいます。

特に、海外製のものは国内で作られていないため、成分含有量多く配合されている傾向にあります。

結果、肌に対して必要以上に作用することもあり、肌トラブルを起こすことも。

どんなに効きがよくても、肌が荒れてしまっては元も子もありません。

異常を感じたら、すぐに医療機関を受診しましょう。

もっと美白になるコツ

ここからは、もっと美白になるためのコツをお話ししていきます。

血行を改善して美白になる

血行と美白は関係があるのでしょうか?

答えは、YESです。

そもそも、シミやくすみなどの色素沈着は、血行の悪さが原因としてあげられます。

血行が悪いと、肌の代謝機能も低下します。

代謝機能が低下するということは、肌の生まれ変わりも滞るということ。

その結果、本来剥がれなければいけない古い角質が止まり続け、くすんで見えてしまったり、シミになってしまったりするのです。

また、血行が悪い肌に必要な栄養や酸素が十分に行き渡らなくなるので、せっかく美容成分を浸透させても思うような効果が得られません。

特に冷え性の人は、この傾向が見られますので、十分に注意しましょう。

サプリや食事で美白になる

サプリや食事でも美白になることができます。

特にサプリは、食事だけでは取りきれないもの、または、食事では取れない成分を補うことができます。

そのため、美白化粧品と平行して行うことで、より早く効果的に美容効果を感じることができます。

また、食事に関しても、ビタミン類を意識的に摂取したいところです。

野菜や果物を取り入れたり、女性ホルモンによく似た成分のイソフラボンが豊富な豆乳、肌に透明感を出すはと麦茶もいいでしょう。

UV対策・ピーリングで美白ケア

UV対策は美白ケアには欠かせない対策法です。

美白化粧品は、紫外線対策を取っていてこそ活かされるといっても過言ではありません。

UV対策を事前に取っていると、そもそも過剰にメラニンが作られなくなります。

その結果、美白化粧品が効きやすい肌を維持できるため、大変効果的です。

また、ピーリングですが、古い角質を取り除くことは、美白化粧品の浸透力に繋がります。

そのため、毎日やる必要はありませんが(毎日では肌へ負担になる場合があります)、1週間に1回ないし2週間に1回など、肌状態を見て行いましょう。

ドラッグストアの美白美容液は危険

ドラッグストアの美白美容液は、安価に手に入る分、原料に難がある場合があります。

CMや広告で宣伝費がかかっている分、原料を安価なものにしたり、合成物を多く使っている物あり、購入する場合は注意が必要です。

購入する場合は、成分を調べてから購入した方がいいでしょう。

美白スキンケアのための洗顔術

美白スキンケアのために、おすすめの洗顔術があります。

洗顔術といっても、決して難しいことではありません。

難なく実行できることですので、ぜひ試してみて下さいね。

美白スキンケアのための洗顔術のポイント

・人肌程度のお湯(37℃~38度くらい)で洗顔する
・洗顔料はよく泡立てる
・水気を拭く際は、押さえるように
・1日の洗顔は2回までにする
・洗顔後はできるだけ早く保湿する

お湯の温度ですが、水は皮脂や汚れが落ちにくく、毛穴も開かないのでおすすめできません。

また、熱すぎるお湯は、皮脂を取り過ぎてしまうため、やはりおすすめできません。

人肌程度の温度が、一番肌に負担なく、しかも肌に余分なものが落ちやすい温度です。

洗顔時間は30秒ほどとして、肌に負担を掛けないようにしましょう。

また、洗顔料はよく泡立てることがポイントです。

きめ細かな泡は、肌に負担を掛けることなく、毛穴の奥の汚れまで落とすことができます。

さらに、洗い上げた後ですが、タオルでゴシゴシ拭くように水気を取るのは厳禁です。

押し当てて水気を吸い取るか、吹き上げるときには優しく、極力摩擦を与えないようにしましょう。

洗顔のし過ぎは、美白にとって重要な肌の水分を逃がすことになりかねません。

基本的には朝晩の2回までとし、肌のアリア機能を必要以上に落とさないようにしましょう。

洗顔後は、速やかに保湿をすること。

これは、美白スキンケアに限らず、美肌を目指す上では鉄則です。

洗顔後は、水分も油分も十分ではない状態で、ダメージを受けやすい状態です。

できるだけ早く保湿をして、肌を外部刺激から守りましょう。

美白効果のある食べ物・飲み物

ここからは、美白効果のある食べ物や飲み物を見ていきましょう。

美白効果のある食べ物

アセロラ・レモン・キウイフルーツ・ゴーヤ・パセリなどの果物や野菜

果物にはビタミンCが含まれています。

ビタミンCは、シミ、そばかすを作るメラニンの元、チロシナーゼを阻害する効果があります。

そのため、積極的に摂取したい食べ物です。

ただし、ビタミンCは熱に弱く、水に流れやすい性質があります。

調理法は茹でることは避けた方が良いでしょう。

また、柑橘系の果物で摂取する場合は、夜がおすすめ。

朝に摂取してから紫外線を浴びてしまうと、シミや色素沈着の原因にも。

十分に注意しましょう。

美白効果のある飲み物は「緑茶」

緑茶には、ビタミンCが多く含まれています。

メラニンの元、チロシナーゼの働きを抑制し、メラニン色素を薄くする効果も。

似たような効果には、ハーブティーがあげられますが、ハーブにはさまざまな種類があり、おのおの効果が違います。

いずれにせよ、ビタミンCが豊富なことは間違いありませんので、美白をしたい人は愛飲してみても良いのではないでしょうか。

美白に良くない食べ物・飲み物

ソラレンの入ってる食べ物(レモン、グレープフルーツなどの柑橘類、キュウリ、セロリなど)

ソラレンは、紫外線を浴びることで活性化する成分です。

そのため、紫外線を吸収しやすく、シミ、そばかすの原因になる恐れが。

ソラレンは、柑橘系の果物などに多く含まれるので、食べるときは夜にしましょう。

アルコール類

アルコール類も、美白を心掛ける上では注意の必要な飲み物です。

適量なら問題はありませんが、飲み過ぎは厳禁です。

アルコールを飲み過ぎると、消化するのにたくさんのビタミン、ミネラルが消費され、水分も奪われがちです。

その結果、体も肌も水分不足になってしまいます。

また、屋外での飲酒はさらに注意が必要です。

アルコールは、血管を広げる作用があります。

そのため、血行が良くなり日焼けの炎症を酷くさせてしまうことも。

適量を心掛けることはもちろんですが、屋外で飲酒する際は、日焼け止めを塗って、少しでもリスクを減らしましょう。

年代別(20代・30代・40代・50代・60代)肌の特徴・悩み

ここでは、年代別の肌の特徴と、肌悩みを見ていきましょう。

10代の肌の特徴・悩み

10代の肌の特徴は、みずみずしさのある肌ではありますがホルモン分泌が活発で、皮脂が出やすい肌の特徴があります。

顔のテカリが気になったり、ニキビが次から次へと出たりしていませんか?
この肌悩みはまさに、10代の肌の特徴であり、特有の肌悩みであるといって良いでしょう。

そのため、10代の肌には、皮脂などの汚れをしっかり取り除くことが大切です。

「洗顔」は丁寧に行うようにしましょう。

また、しっかり洗ったら「保湿」も行わなければなりません。

化粧水と乳液をつけて(肌質にあった物になるので、さっぱりした質感のものでいいでしょう)肌を保護することも忘れずに。

20代の肌の特徴・悩み

20代の肌の特徴は、脂性肌と乾燥肌の狭間で揺れる肌です。

20代前半の頃は、10代の名残で部分的にべたつきを感じたり、ニキビや吹き出物が出たりしますが、基本的にはホルモンバランスが安定する頃なので、もっとも肌がキレイな時期といっても過言ではありません。

しかし、20代の後半は逆に乾燥に悩まされます。

これは、20代後半から肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が乱れ、代謝機能が低下するから。

そのため、20代後半から自分の肌の変化に気づく人もいることでしょう。

そのため、20代はその時々の肌状態を見極めてスキンケアを行うことが大切です。

前半は、比較的肌のバランスが整っているので今まで通りのケアで構いません。

しかし、後半になり自分の肌に変化を感じ始めたら、エイジングケアも検討しましょう。

エイジングケアは、年齢に合わせたケアを意味しています。

ここで言えば、乾燥対策です。

保湿力のある基礎化粧品に切り替えて、優しいスキンケアを心掛けましょう。

30代の肌の特徴・悩み

30代の肌の特徴は、20代の頃に感じた肌の変化が表面化し始める年代です。

また、肌悩みも増える傾向にあります。

30代に入って、ますます肌が乾燥するようになった、と感じている人も多いのではないでしょうか?
その原因は、代謝の衰えにあります。

そのため、30代の肌の特徴でもあり肌悩みは、乾燥を始め、くすみ、しみ、肌のハリの低下などがあげられます。

また、30代になったら、冷えを感じることが多くなったと思いませんか?
それは、血行が悪くなったからです。

代謝が衰えると、血行も衰えます。

そのため、冷えを感じたり、肌悩みが増えてしまうのです。

30代からは、より丁寧なスキンケアが求められます。

肌の根本的なケアとして、スキンケアにプラスしてインナーケアも検討すると良いでしょう。

また、寝る前にメイクはちゃんと落として寝ること。

日焼け止めなどの、紫外線対策をしっかり行うこと。

この辺りも、30代には必要なケアになります。

40代の肌の特徴・悩み

40代の肌の特徴は、女性ホルモンの影響を受けやすい肌ということ。

また、これまでの紫外線によるダメージが表面化し始める年代です。

40代になると、シワやシミ、たるみなど、これまで以上に気になったりはしないでしょうか?
これは、女性ホルモンの乱れや蓄積された紫外線ダメージが原因になります。

女性ホルモンは、40代頃から緩やかに減少していきます。

そのため、肌が分泌していた保湿成分やコラーゲンなどの肌にうるおいやハリを与える成分が減少し始めます。

肌の力が衰え始めると、抵抗力もなくなってしまうので、これまで受けてきた紫外線の影響や、今受けている紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。

その結果、ますます肌は乾燥を感じ、シミやシワ、ハリのなさを肌で感じるようになってしまいます。

40代は、エイジングケアが必須になります。

自分に合った化粧品を使い、自分の肌悩みに合わせた上質なケアを心掛けるようにしましょう。

化粧品の効きを感じにくくなる年代でもあるので、30代同様、インナーケアも取り入れると、より効果的にケアすることができるでしょう。

50代の肌の特徴・悩み

50代の肌の特徴は、今までの肌悩みが深刻化し、さまざまな肌トラブルがメイクでは隠しきれなくなるのが特徴です。

シミは濃くなり、くすみも悪化。

しわが増え、深くなってしまうのもこの50代からです。

また、肌を支える力が衰えてしまい、たるみや毛穴の開きも見られるようになります。

原因としては、ホルモンバランスの影響が考えられます。

「更年期」と言われる年代に突入し始める年代のため、ホルモンバランスが乱れがちになります。

そのため、水分や皮脂の減少がみられ、肌は常に乾燥を感じるように。

さらに、肌の乾燥はシミの原因にもなり、「肝斑」と呼ばれる、頬骨あたりに左右対称に現われるシミが発症することも。

どうしても、加齢による肌トラブルがついて回る年代なので、より一層丁寧なスキンケアを心掛けるようにしましょう。

高保湿のものを使うこともそうですが、サプリメントを活用して、体の中からケアすることも良いでしょう。

特に、大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た成分になるので、肌にとっても体にとってもおすすめです。

手間と時間を惜しまないでスキンケアを行うことがポイントになります。

60代の肌の特徴・悩み

60代の肌の特徴は、肌質の変化が明確化するのが特徴です。

例えば、急に今までの化粧品が合わなく感じたりしたり、しわやシミがくっきりと表れてしまったりします。

この肌の特徴や悩みの最大の原因は、女性ホルモンの分泌量の減少です。

50代頃から「更年期」や「閉経」を迎え、女性ホルモンが今までよりも大幅に減少してしまう傾向にあるため肌自体が敏感になってしまい、今までのスキンケアが合わないという現象が起きてしまうのです。

60代は、特別なケアが必要になる一方、肌が敏感な状態のため、オーガニック化粧品や、ナチュラル化粧品がおすすめです。

また、50代同様、大豆イソフラボンもおすすめです。

肌の保湿機能や、肌の弾力を改善する効果がみられ、肌の明るさにも効果があります。

さらに、骨粗鬆症の予防としても大変効果のある成分です。

イチオシの美白美容液

ここで、イチオシの美白美容液「ヴィーナスホワイトニングセラム」を改めてご紹介します。

ヴィーナスホワイトニングセラムは、使用者の93%が肌効果を実感出来たという、薬用美白美容液です。

「最近肌に透明感がなくなった」
「シミが増えてきた気がする」
「肌荒れは気になるけど、忙しくてスキンケアに時間を割けない」

そんな人には、ヴィーナスホワイトニングセラムがおすすめです。

ヴィーナスホワイトニングセラムは美白と保湿を両方本格的にケアする、オールインワンセラムです。

有効成分の水溶性プラセンタと植物性プラセンタ、そしてアセロラの力によって、圧倒的な美白力を実現。

さらに、3種類のヒアルロン酸と3種類のコラーゲン、そそいて、オリジナルのナノ化セラミドにより、肌の奥までしっかり保湿し、バリア機能も高めます。

さらに、抗炎症作用にも優れていて、肌荒れはもちろん、ニキビやニキビ跡もしっかりケアしてくれます。

30ml、定期コースだと初回は1,200円(税込)、2回目以降は3,980円(税込)となります。

手軽に効果のある美容液を試したいひとは、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

紫外線対策もしっかりと行う

美白ケアには、紫外線対策も重要です。

どんなに美白ケアを行っても、日焼け止めなどの紫外線対策を行わなければ、肌の防衛本能によりメラニンが放出され、スキンケアの意味がなくなってしまうからです。

そして、せっかく紫外線対策をするのなら、スキンケア効果の高いものをおすすめしたいところ。

朝晩のケアだけではなく、日中も美容効果の高いものを使うことで、肌は常に美容成分やうるおいに包まれ、より化粧品が効きやすくなります。

その点を踏まえた上で、おすすめしたいのが「POLA B.Aプロテクター」。

紫外線だけではなく、近赤外線からも肌を守るクリームタイプの日焼け止めです。

近赤外線とは、紫外線よりも肌の奥深くまで届いてしまい、シワやたるみなどの深刻な肌ダメージを与えます。

近年、美容業界では、紫外線だけではなく、この近赤外線にも着目しているんです。

紫外線は肌の水分を奪い、ハリや弾力感を損なわせる要因になります。

B.Aプロテクターは、うるおいを与える保湿成分「ゴールデンLP」という希少性の高い繭から抽出した成分と、ジェルとクリームの長所を活かした使い心地でうるおいと守る力を両立。

日中のあらゆるダメージから肌を守ってくれますよ。

さいごに

今回は、美白美容液について掘り下げてお話ししてきました。

美白美容液は、シミやそばかすが気になる人にはもちろん、ニキビ跡やくすみが気になる人にもおすすめです。

また、メラニンの生成を抑制したり、浴びてしまった紫外線のアフターケアをするので、シミのみならず、肌の乾燥、シワなどの紫外線によるダメージをケアすることが出来ます。

美白を意識する人もそうですが、これからの美肌のために美白美容液を使うこともいいのではないでしょうか。

美白美容液は、価格も肌効果もさまざま用意されています。

継続して行うことが美白の鉄則になるので、無理なく行えるものを選びましょう。

また、自分の肌状態に合った美白美容液を選ぶことも大切です。

なお、巷で噂になったことのあるニベアの青缶には美白効果があるという話。

残念ながら、ニベアには美白に有効な成分は入っていません。

ただ、肌の乾燥を防ぐ効果はありますので、肌の水分や美容成分の蒸発を防ぐ効果はあります。

ニベアに、シミやくすみの改善を求めるのは難しいかもしれませんね。

美白は年代問わず、女性が悩みやすい肌トラブルです。

自分の肌に向き合い、自分のライフスタイル、肌状態に合ったものを選んで、明るい肌を目指しましょう!

投稿日:2018年3月13日 更新日:

テキストのコピーはできません。

Copyright© 【美白美容液】美白コスメ&化粧品ランキング1位はコレ!効果・口コミは? , 2018 All Rights Reserved.